カベルタは個人輸入でしか購入できない

バイアグラのジェネリックは、格安で購入できるとインターネットで話題ですが、クリニックでは販売されていません。
今話題のカベルタも、個人輸入代行サイトを利用しないと購入できないのです。
カベルタの有効成分はシルデナフィルクエン酸塩であり、バイアグラとほとんど変わりません。
同じ薬と言っていいほど効果・効能は似ていますが、人によって若干の相性があります。

ED治療薬は即効性の高さが魅力的ですが、バイアグラ、レビトラ、シアリスなどは非常に価格が高く、1錠1,500円が相場となっています。
1回の性行為につき1,000円以上かかるわけですから、経済的に余裕のある方でないと購入できないのです。
とはいえ、特許期間が残っている現在においては、ジェネリックED治療薬の誕生は先の話ですが、ネット上には存在しているでしょう。
ネット上のジェネリックED治療薬に関しては、インドで製造しているので、他国でジェネリックを開発できない状態でもOKなのです。
現在、世界で唯一成分特許がないのがインドであり、ジェネリックED治療薬の開発も可能となっています。

そのため、個人輸入サイトで取引されるジェネリック医薬品は、すべてインド製となっているのです。
カベルタはバイアグラの購入は厳しいけど、ED治療薬を服用したいという方から絶大な人気があります。
安いところでは1錠200円しませんので、週に3回性行為を楽しんだとしても600円、月にして2,400円ですみます。
カベルタ購入において注意したいのは、本物を見極めることです。

バイアグラなどの先発医薬品だけでなく、ジェネリックED治療薬にも偽物が存在しています。
知らずに購入したら偽物だったという話も多いので、しっかりと見極めて購入しなければいけません。
しっかりした個人輸入代行サイトほど、しっかりした作りとなっており、会社概要、利用者実績などを明記しています。
少しでも怪しいと直感したら、そのサイトで購入するのは避けたほうがいいでしょう。

正規品と偽物の関連性についてはこちらのサイトがくわしいですので紹介しておきます⇒カベルタはどんな薬なの?

なお、健全なサイトであっても、服用における注意点の説明はしてくれません。
すべて自己責任で購入する必要があるので、事前にクリニックで検査を受けて、バイアグラを服用して大丈夫か聞いておく必要があります。
すでにバイアグラを服用している方ならば、用法・用量・効果・副作用に違いはありませんので、同じように服用してもいいでしょう。
偽物にだけ注意して購入すれば、格安でバイアグラの効果を実感できます。
用法・用量で注意したいことは、日本にはないサイズの服用です。

カベルタには100mgの錠剤がありますが、日本のバイアグラには100mgは存在していません。
そのため、1錠をそのまま飲んでしまうと、薬の効果が強くなりすぎる可能性があります。
薬効が強くなることは、副作用の増幅にもつながりますので、服用に際しては日本のバイアグラの用法・用量に合わせるようにしてください。